「両さん」守れ! 手には包帯=有志で夜間パトロール−破壊銅像に応急手当て・東京(時事通信)

 東京都葛飾区亀有の商店街に設置されている漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公「両さん(両津勘吉)」の銅像が壊された事件で、壊された部分に22日までに、包帯が巻かれた。破損部分がむき出しで危険なため、商店街関係者が「応急手当て」をしたという。
 亀有地区商店街協議会は有志を募り、21日夜からJR亀有駅周辺に設置された同漫画の登場人物の銅像計11体の夜間見回りも開始した。
 同区によると、壊されたのは亀有中央商店街にある通称「サンバ両さん」の銅像で、両手に持ったマラカスのうち、左のマラカスが根本から折られた。21日午後に左手部分に包帯が巻かれ、右肩からたすき掛けにされたといい、両さんの痛々しさが強調されたように見える。
 同商店街振興組合の鳥山太一理事長(64)は「直るまではこのままにしておきたい。ユーモアを交えて骨折した時のようにした」と説明した。
 見回りに参加している和菓子店経営の佐藤尚吾さん(45)は「2度と両さんが傷つけられないように見守っていきたい」と語った。 

【関連ニュース】
「両さん」像壊される=東京・亀有、「残念」と商店街
〔地球の風景〕サンバの祭典へ準備着々=ブラジル

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
SB孫社長自ら顧客に返信 企業のツイッター活用進む(J-CASTニュース)
学力テスト「参加希望校」採点に手回らず断念も(読売新聞)
「一般への影響、最小限に」=APEC控え、交通部長会議−警察庁(時事通信)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
[PR]
# by itde0tmrvx | 2010-04-24 00:49

国出先機関の仕分け、地方も参加=総務相(時事通信)

 原口一博総務相は10日、民主党が「原則廃止」を掲げている国の出先機関の整理統合方針について議論する「仕分け」を、地方自治体の代表も交え、公開で実施する方針を明らかにした。6月に政府が「地域主権戦略大綱」をまとめる前に行う。全国知事会長の麻生渡福岡県知事と福岡市内で会談後、会見で表明した。
 総務相は会見で、「(出先機関職員の)雇用の不安とか、(事務権限を移譲される)地方側の不安がないよう準備段階からオープンにして、仕分けをしていきたい」と述べた。 

【関連ニュース】
「苦労する」「エール送る」=首長新党に閣僚発言相次ぐ
NTT労組からの献金を返還=原口総務相
「政治家がばかでは国もたぬ」=公務員研修の訓示で鳩山首相
年金業務監視委の権限強化=政令に基づく組織に
地域主権3法案、審議入り=国による義務付け見直し

駐車場事故 4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)
<新党>「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず(毎日新聞)
海外に59のミラーサイト…男児ポルノ事件(読売新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
9人目を逮捕、監禁容疑=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
[PR]
# by itde0tmrvx | 2010-04-17 05:39

10キロ以上渋滞、過去5年で最多=GWの高速−道路各社予測(時事通信)

 東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路4社は6日、ゴールデンウイーク(GW、4月28日〜5月9日)の高速道路の渋滞予測を発表した。期間中の渋滞発生回数は10キロ以上の渋滞が過去5年で最多となる444回(昨年420回)、30キロ以上が50回(同59回)で、普通車以下を対象にした「休日上限1000円」の割引導入で利用者が大幅に増えた昨年並みとなりそうだ。
 渋滞発生のピークは、下りは5月1日〜3日、上りは5月3、4の両日。最も長い渋滞は5月2日午前7時ごろに関越道の花園インターチェンジ(IC)を先頭に50キロと予想している。
 渋滞対策として高速各社はサービスエリアの駐車場整理員の増員などを実施。上限1000円割引は平日の4月30日にも適用されるため、帰省ラッシュの分散化に向けた活用を呼び掛けている。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け
海外旅行、3年ぶり50万人回復=日並びの良さで-JTB連休予測

<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
映画監督の山内鉄也氏死去(時事通信)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
[PR]
# by itde0tmrvx | 2010-04-12 12:24

<ロボット>実在の女性そっくり「妹ができたみたい」 阪大教授ら開発(毎日新聞)

 大阪大基礎工学研究科の石黒浩教授と、ATR知能ロボティクス研究所(京都府精華町)が、実在の人間と同じ外見を持ち遠隔操作ができるロボット「ジェミノイドF」を開発、3日、製造販売を手がける「ココロ」(本社・東京都羽村市)とともに発表した。笑ったり怒ったり複雑な顔の表情も表現でき、分身ロボットをテーマに今年1月公開された近未来映画「サロゲート」さながらのリアルさ。5月にも東大病院で患者とのコミュニケーション手段として試験導入されるという。

【写真特集】「まるで妹!」…モデルそっくりロボットの色んな表情をみる

 石黒教授とATRによるグローバルCOEプログラム「認知脳理解に基づく未来工学創成」の成果。ロボットは「ジェミノイドF」と名づけられ、女性の形で大きさは座った状態で高さ140センチ、重さ30キロ。歩くことはできないものの、みけんや、目、口、あご、肩など上半身の9カ所を空気圧の力で動かすことができる。表情のほか、首の角度を変えたり、お辞儀もできる。遠隔地にいる操作者が、ロボット自身の表情やロボット正面の状況を画面に写し出すコンピューターに向かって話しかけると、音声と操作者の表情などがインターネット回線経由でロボットに伝わり、同時進行で再現される。

 記者会見は大阪市北区のビル会議室で行われ、ロボットのモデルになった実在の女性と「ジェミノイドF」が対談。モデルの女性は自分とそっくりのロボットから「趣味は何ですか」などの質問を受け、「まるで妹ができたみたい」とびっくり。また、モデルの女性は操作用パソコンの席に座って自身の「分身」の操作も体験。ロボットが隣の女性に髪の毛などをなでられると「まるで自分がなでられているような錯覚を感じます」と話した。

 石黒教授は06年にも自分と外見が同じロボットを開発。今回のロボットは、実在する人間の遠隔操作型ロボットとしては2代目となる。初代機がロボットの後方に冷蔵庫くらいの大きさの設備が必要だったのに比べ、今回のロボットではそれらの設備を体内に収めることに成功し、軽量化を実現。価格も初代機の約3000万円から大幅にダウンし、「ACTROID−F」の名で1体約1000万円で、50体を目標に博物館や病院、企業などに販売するという。【西村浩一】

<闇サイト>監視強化で「ネットハンター」新設…警視庁(毎日新聞)
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か−福岡県警(時事通信)
相模原市、19番目の政令指定都市に(産経新聞)
<普天間移設>岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
米大統領補佐官と電話会談=「普天間」早期解決を確認−岡田外相(時事通信)
[PR]
# by itde0tmrvx | 2010-04-06 23:37

脱「官僚離れ」へ国交相、キャリア試験PR(読売新聞)

 「脱官僚依存」を掲げる鳩山政権の誕生後、初のキャリア官僚採用試験(国家公務員1種試験)が5月に行われるのを前に、前原国土交通相が4月、自ら採用説明会に出席し、学生らに同省をアピールすることが分かった。

 「官僚のやりがいが見えない」というイメージを払拭(ふっしょく)する狙いで、同省は、大臣が学生を前に受験を呼びかけるのは他省庁でも例がないとしている。

 採用説明会は4月上旬、省内で開かれる。まず前原国交相が登場して、「政治主導のためには優秀な行政官が必要だ」と訴える。この後、職員が仕事内容などについて学生からの質問に答える。

 このほか、同省は前原国交相と職員とのミーティング風景などを収めたプロモーションビデオも作成し、近くインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する予定だ。

 近年の天下り批判などで学生の「官僚離れ」は進んでいる。2009年度の国家公務員1種試験の申込者数は、10年前に比べて半数近くも減少した。

 とりわけ同省は政権交代後、「コンクリートから人へ」の理念の下で、八ッ場ダムの建設中止などが政治主導で次々と決まり、学生らからは「国交省に入っても官僚に活躍の場がないのでは」といった声が多く寄せられていたという。

拉致対策本部事務局長代理に三谷秀史内閣情報官(産経新聞)
市町村への権限移譲、26%どまり=府省庁回答−地域主権戦略会議(時事通信)
核軍縮へ共同提案=日豪(時事通信)
国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)
東九州道工事、橋にひび割れ=取り壊し再建造へ−宮崎(時事通信)
[PR]
# by itde0tmrvx | 2010-04-02 01:18