10キロ以上渋滞、過去5年で最多=GWの高速−道路各社予測(時事通信)

 東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路4社は6日、ゴールデンウイーク(GW、4月28日〜5月9日)の高速道路の渋滞予測を発表した。期間中の渋滞発生回数は10キロ以上の渋滞が過去5年で最多となる444回(昨年420回)、30キロ以上が50回(同59回)で、普通車以下を対象にした「休日上限1000円」の割引導入で利用者が大幅に増えた昨年並みとなりそうだ。
 渋滞発生のピークは、下りは5月1日〜3日、上りは5月3、4の両日。最も長い渋滞は5月2日午前7時ごろに関越道の花園インターチェンジ(IC)を先頭に50キロと予想している。
 渋滞対策として高速各社はサービスエリアの駐車場整理員の増員などを実施。上限1000円割引は平日の4月30日にも適用されるため、帰省ラッシュの分散化に向けた活用を呼び掛けている。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
子ども手当は「不要」=自民、民主政策を逆仕分け
海外旅行、3年ぶり50万人回復=日並びの良さで-JTB連休予測

<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
映画監督の山内鉄也氏死去(時事通信)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
「お袋」から顔、ワラビーの赤ちゃんスクスク(読売新聞)
[PR]
by itde0tmrvx | 2010-04-12 12:24


<< 国出先機関の仕分け、地方も参加... <ロボット>実在の女性そっくり... >>