リスニングでミス 都立高入試実施(産経新聞)

 平成22年度の都立高校入試が23日、行われた。都教育委員会によると、杉並工業の英語のリスニングテスト(配点20点)で、放送機器の故障により音声が割れるトラブルが起きた。都教委は受験者168人全員に20点を加点するとしている。

 また、大森高校の国語のテストでは、外国籍の受験生3人へのルビ付き問題の配布漏れが判明した。他の受験生の試験結果を基に得点を補正して対応する。

 全日制の受験倍率は1・44倍で、昨年度よりも0・03ポイント上昇。学区が廃止された平成15年以降で最高となっている。

仕分け第2弾へ意見募集(時事通信)
中嶋悟
普天間移設先月内取りまとめ 官房長官「防衛相と合意していない」(産経新聞)
ゴルフボールの特許権侵害、17億円賠償命令(読売新聞)
予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
[PR]
by itde0tmrvx | 2010-03-03 00:31


<< 市民と専門学校生が「町の魅力紹... <強制わいせつ>容疑で塾経営者... >>